2014年 韓国語弁論大会

 韓国と沖縄の文化交流と親善を目的とした第8回韓国語弁論大会が3日、那覇市牧志ほしぞら公民館ホールで開かれました。民団沖縄本部と沖縄県日韓親善協会が共催しました。

 出場弁士は19歳から83歳まで11人。スピーチによれば、韓国に関心を抱くようになったきっかけはテレビドラマ「冬のソナタ」だったり、K‐POPや文化交流活動など、年齢によってまちまちだった。だが、韓国語学習に寄せる熱意と関心だけは年齢問わず、共通していた。

「大好きな韓国」と題したスピーチで最高位の「金賞」に選ばれた読谷山洋子さん(42)に沖縄‐ソウル往復航空券が贈られた。「銀賞」は仲宗根由紀子さん(42)、「銅賞」は登川淳子さん(64)。

2012年の記事、2014年の内容に手直し

優勝者

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

사무국보다 알림

  1. 항상 민단 사업을 응원하여 주시고 협력하여 주신 여러분의 성원에 감사를 드립니다. 단…
  2. 외국인등록증명서를 특・재류자격카드를 아직 변경하지 않으신 분들께서는 유효기간안에 변경하시길…
ページ上部へ戻る